実物以上に見せる写真を撮りたい




二十代のころに憧れた、写真家の土門拳の言葉が忘れられない。